彼女の家に元セフレが泊まっている。(二)

6/25(土)05:30〜

 

gaku-diary.hatenablog.com

前回↑

4時半、始発に乗り彼女の家に向かう。手が震えている。正直、行って何がしたいのか自分でも分からなかった。抱き合っている男女を見て、ただ情動に従ったら殺人を犯してしまうのではないか。それは絶対嫌だった。大好きな家族、友人を悲しませたくはない。俺が犯行に及ばない理由はその唯一かもしれない。良好な人間関係こそ犯罪抑止の安全綱だ。

じゃあ何だろう。行って俺は何をするの?謝罪を要求しても、起こったことは無くならないし無駄じゃない?それに謝罪する行為っていうのはその人と付き合い続ける意思表示にもなるから、もう俺と別れるつもりなら彼女は謝り損だな。

明らかに非合理な行動だ。目的も何もない。ただ情動に従っているだけ。めちゃくちゃ寝不足だったけど、ここ数年で1番元気だった。

5時40分。到着。震える手でタバコに火をつける。いつもの3倍は早歩きだ。何も考えられない。足だけが息をしている。

まだ吸い切ってないのに家に着いた。合鍵を使い扉を開ける。

 

f:id:gaku-diary:20220625163415p:image

 

あーーーーーーーーー。

いつもと違う場所にあった歯ブラシを取り出しシャコシャコしながらご近所さんを優しく起こす。

「あ、おはようございます〜。あの、彼氏です!笑」

結構イケメンで身長も高い人だった。彼女も「怖い〜〜!」と言いながら起床。

もうそこからは脳を使ってない。起こったことを書くのが難しすぎる。覚えているのはひたすら彼らを笑わせたことくらいだ。ご近所さんの年齢聞いたり、LINEを交換してこのブログを紹介したり。だって何していいか分からなかったんだもん。お笑いのゾーンに入ってたと思う。まあ状況的に何をしても面白くできる自信はあった。「彼氏くん面白すぎる〜!」ありがとう!!その言葉が今一番嬉しいよ!もっと面白くしてやるよ!「まあ安心しろよ〇〇(彼女の名前)!俺お前と付き合ってから既に3人の女とヤってるから罪悪感持つことはねえぞ!」皆んなが腹を抱えて笑った。常識も倫理もあったもんじゃない。空気が加速する。ここでは俺が圧倒的に被害者で、どんな暴力も許される気がした。かつてない全能感だ。そうだ、写真撮ろうよ。彼女の髪をひっぱり無理矢理ツーショットを撮る。一番年下で納税額も少ない俺が、3人しかいないこの世界で独裁者になった。

約1時間。大晦日よりも笑って、流石に疲れた。疲れたら、ご近所さんがなんだか可哀想に見えた。本当ごめん。すごく居ずらいと思う。帰っていいよ。ごめんね。顔が映ってる写真は全部消しとくよ。気を付けて帰ってね。ばいば〜い。

さてと…

彼女の家に元セフレが泊まっている。(一)

6/25(土)〜04:30

昨夜19時40分、彼女の家に向かって一緒に歩いていた。今日は家に忘れたモバイル充電器を取りに行く目的だった。ダイエット中の彼女には申し訳ないが、一緒にご飯食べれたらいいなあと。18時以降は何も食べないって決めてたけど、今日だけはいいんじゃない?週に一回くらいはそういう日を設けようよ。

「ああ、そのつもりだよ。今日は友達と飲みに行くんだ」

ええ、残念。誰と?

「え、うーん…」

あ、男?

「ご近所さん…」

え。

"ご近所さん"とは、彼女が1年前にTinderで会ったセフレのことだ。家の近くに住んでいるから、ご近所さん。あ、今は俺と付き合ってるから元セフレか。

めちゃくちゃ嫌だ。そりゃそうだろう。かつてセックスしまくって、きっと俺よりもたくさん彼女のことを知っているんだ。それに、週に一回の大事なダイエット無視デーを俺じゃなくてそいつに使うんだ。

俺と彼女は変な形で付き合いを始めた。今ここで話すと長くなるので省略するが、一般的なカップルのように、お互い好きになってから付き合ってはいない。面白そうだからって理由で、契約書を作って付き合い始めた。ただ、お互い性にだらしないと認め合いながらも、1ヶ月ちょいカップルとして一緒にいると情が湧いてくる。不思議なことに。脳って面白いね。

こんなスタートだからか、彼女が元セフレと飲みに行ってくると言った時、嫉妬を表に出すのがはばかられた。かっこ悪いかな?勘違いすんな?そんな思いが喉に溜まって何も言えなかった。「え〜」しか言えなかったな。

充電器は取った。モヤモヤしながら、それでも我慢して家を出る。束縛する様なかっこ悪い彼氏にはなりたくなかったから。心なしか、今日の彼女は可愛く見えた。珍しく化粧をちゃんとしている。普段すっぴんなのに。いつも適当なのに。

「ご飯食べ終わったら連絡して〜」

「おっけ〜」

予感は的中。4時間経っても何も言わない。日高屋の写真一枚送ってきただけ。よく2人で行った最寄りの日高屋。回数でいえば俺の方が圧倒的に少ないだろう。

夜中2時。めんどくさいやり取りの果てに、ご近所さんが彼女の家にいると電話で聞き出した。

始発で向かいます。そろそろ電車来る。

f:id:gaku-diary:20220625042637j:image

gaku-diary.hatenablog.com

 

☆俺が週末を喜べない理由☆

6/24(金)

おや、週末じゃないか。早かったな。それもそのはず、だって今週は月火休んだから3日働くだけで土曜日と再開できる。

しかし、こうは言っても週末だから嬉しい〜って感情はここ数年味わってない。週末だ!って飛び上がって喜んだのは小6の頃で最後だ。なぜ喜べないのか、理由は時期によって違う。それを整理してみる。

 

☆俺が週末を喜べない理由☆

・中1〜中3夏

土日に部活の練習があったから。別に一日中練習してたわけじゃないけど、練習メニューがきつかったり先輩が意地悪だったため苦痛だった。部活の時間は土日の尿管結石。

・中3夏〜中学卒業

受験勉強。どうせ金曜迎えても土日は塾で勉強。勉強という行為をこれまで一切やっておらず、ストレスが溜まりちん毛をブリーチする。

・高1春〜高校卒業

大学受験を怠けたら将来学歴コンプに陥ると思って土日も勉強していた。楽しくないことでも自分を殺して実行できる才能があったため心が崩壊する。月〜日まで楽しくなかった。

・大1春〜大1秋

それまでと比べると圧倒的に暇になったため、土日のありがたみが無くなる。授業ある日に堂々とサボるようになる。

・大1秋〜大学中退

学校に行ったり行かなかったりを繰り返し曜日の概念がなくなる。死んだら無になるんだから何をしても無駄。この世に本当の喜びなんてあるもんか。

・大学中退〜現在

やりたいこと、必要だと思うことしかしていない。平日だろうが休日だろうが関係なくなる。目先1年のことしか考えず行動するようにしたらストレスが一切なくなった。仕事は今後一年のお金のためにやっているだけで、いつでもサボるしやめれる。老後のことは老後-1年の時に考えればヨシ!

 

こうして振り返ってみるとなかなか面白い。土日を喜べなくなったのはむしろ良いことのように思える。土日を与えられて喜ぶ時代は小6で終わってた。

f:id:gaku-diary:20220624183858j:image

早速、俺はある男に連絡する

6/23(木)

朗報が飛び込んだ。半分忘れかかっていたが、第一希望だったバイトの応募先から連絡が来た。前に応募した時は定員がいっぱいで案内されず、枠が空き次第連絡することだけ約束させて終話した。それが今日、夜勤枠で1人空いたらしい。仕事内容は、YouTubeの規定に従って広告を付けられない動画を選定すること。グロエロが多いとのことだがそういうのは慣れてる。かなり高い時給だが、その理由はグロエロ要素だけではない。指示文書が英語なのだ。日本在住でグロエロ耐性のある夜勤英語ニキはこの時給らしい。俺的にはかなりおいしい。落ちるわけにはいかない。

ただ、問題点が1つある。面接の後に英語のテストがあるのだ。

早速、俺はある男に連絡する。

「なあ、手伝って欲しいことがあるんだが」

???「なんや」

「俺の代わりに英語のテスト受けてくれへん?一万でどうだ」

???「ほう、詳しく聞かせてもらおうか・・・」

彼はバイト先で会った帰国子女。人生の半分を(しかも幼少期)英語圏で暮らしているため、語学力はおろか、国際感覚も持ち合わせている。日本で行われる英語のテストなんかお茶の子さいさいだろう。なにせ日本語よりも得意なのだから。

え?英語の試験は自分でやれって?ふぅーっ(首を振る)それでは君にこの言葉を教えてあげよう。戦国武将、宇喜多直家が遺した言葉だ。

"一人で事にあたるな"

以上。

ja.wikipedia.org

今度は嘔吐もしたらしい

6/22(水)

ちゃんと出社。偉すぎて紙幣に顔が載るレベル。

朝8時50分、家族のグループLINEに父から一報。「ルーシーが下痢してた」

ルーシーというのは家で飼っている犬のことで、11歳のおばあちゃんビーグル犬だ。中1の頃家に来て、以来親父だけを慕うお嬢様ポジションに落ち着いた。下痢か・・・。

ルーシーの下痢というのはそこまで珍しくない。2ヶ月に一回するかしないかの頻度で、大抵は翌日になれば回復してまた元気に吠えまくる。「また変なもの食べたのかな?」今回も大丈夫だろうと思っていた。しかし。昼過ぎ、ゲージの中でまた下痢をして今度は嘔吐もしたらしい。母からのLINEで、さすがに心配になってくる。

あんなに太っていた体がやせ細り、寝たきりになって、ついに息を引き取る飼い犬を想像する。体が熱くなってきた。今日は早く帰ろう。

ps.元気になってた

f:id:gaku-diary:20220623014000j:image

「もし徳川家康が総理大臣になったら」

6/21(火)

今日も会社をサボる。若干の良心が働いて仮病の連絡だけはした。

彼女と家を出て9時にDOUTOR着弾。この時間から少し混んでるの何でやねん。しかも暇そうな老人とかじゃなくてスーツ姿の若者が多い。どっかの営業なのかな。ifルートの俺は大学卒業後にしがない会社の営業職についてカフェチェーン店でサボってたと思う。

そんなパラレルワールドのもう一人の俺を尻目に、昨日買った本「もし徳川家康が総理大臣になったら」を読む。正直めちゃくちゃ面白い。ビジネス小説で、もし日本の内閣が偉人で構成されていたらどうコロナ禍を収束させるかって物語。総理大臣が徳川家康官房長官坂本龍馬経済産業大臣織田信長・・・といった具合で、彼らの性格や実際に行った改革を加味し、時代を超えた偉人たちが現代の日本政界を勇躍していく様を描いている。アベンジャーズ感があって日本史をあまり知らない俺でもワクワクが抑えられられない。何でこんな本がブックオフで220円で売られてるんだ。

夕方に友達がやっている脱毛屋に行く。前回行ったのが初めてだが、既にヒゲが伸びるスピードが落ちている。普通は3〜4回目でやっと効果が出始めるらしいのだが、こういうところだけ人よりついている。

その後ビッグマックを食べ地獄の満員電車に揺られて帰宅。吐きそう。俺が総理大臣になったらJRを破壊する。

 

 

電話でしか伝えられないことってなんだよ。

6/20(月)

この日記を書いている時間は20時30分。今日は会社をサボり彼女と池袋で遊んだ。昨日退職メールを送り今日は体調不良と言ってお休み。会社の人から電話が来たけど無視し、メールで明日電話します〜って言っといた。なんでメールじゃなくて電話なんだ。メールじゃなくて電話でしか伝えられないことってなんだよ。声色とか?

もう会社に行く気が起こらない。明日も行かなくていいよね?無断欠席してもいいよね?転職先は全く業種違うし、会社の人とはもう会わないよね?

おっかなびっくりしながらも、池袋デートを楽しんだ。月曜日でもまあまあ人いるんだなあ。昼過ぎに家を出て、池袋でカルバンクラインのパンツを買い、ピザを食べ、タピオカを飲み、本を買って、日高屋でフィニッシュ。彼女が腹に穴空いたワンピースを着ていてゲラゲラ笑った。俺のシャツも穴空いてるけど。帰ってセックスした。

f:id:gaku-diary:20220623013757j:image