はよTinderはサービス終了しろ

8/10(水)

恋愛に限らず、人間同士が関係を築こうとすると様々な局面で駆け引きが勃発する。誰かと一緒にいて得られるメリットは、自分の何かを犠牲にして成り立つ。これはもはや原則と言っていいかもしれない。ただ、我らずる賢いホモサピエンス。律儀にこの原則を守り続ける個体はじきに淘汰されるだろう。

ここで、以下を前提にして、主に恋愛における人間関係について考えてみたい。Intelcorei3並みの処理能力の頭で必死に考えてみた。温かい目で見守ってくれ。

①相手に対して思う気持ちの量を依存度と呼ぶ。

②依存度が大きいほど、関係維持のため相手に差し出すものは多くなる。

③人間は自分への依存度を最大化するために動く。=より多くのものを得ようと動く。

 


まず、俺の視点から彼女に求めるものを羅列してみた。

・自分のことを好きでいてくれること

・他の異性と親密にならないこと

・自分との時間をできるだけ優先して確保してくれること

これらの項目は人によって異なると思うが、概ね当てはまっているのではないか。

さあ、この3つを得るために、俺は何を犠牲にする必要があるか。一般的には上記のことをそのまま相手に対しても遵守していれば、関係は維持しやすくなると思う。つまり、

・相手のことを好きでいるとこ

・他の異性と親密にならないこと

・相手との時間をできるだけ優先して確保すること

しかし、人間の欲には限りがない。例えこれらを遵守し続けてもその状態が当たり前になってさらに、さらにと要求される可能性もある。その状態とは、「俺(私)のためにもっと時間と労力と金を使ってくれ。」だ。また、この段階で、安定して人と付き合い続けることのできる能力が高い人とそうでない人でフィルタリングされると思う。ちなみに私はやや後者よりだ。てか多くの人は後者だろくそ。

問題はここからだ。この瞬間から駆け引きは激化する。先ほどの3項目の要求度が高くなって風呂上がりのマッサージやら車での送迎を求めるようになる。こうなった段階で、相手の自分に対する依存度が高くなっていれば要求は通りやすくなるだろう。しかしそうでない場合。どのようにして要求を通すか。3パターン考えられる。

①諦める

②わがままな態度をとる

③例の3項目を人質にする

①はいい。②はうざいけどまだ可愛いほうだ。問題は③。これをやられると多大なストレスがかかる。マジでやめて。

頭が疲れてきたので結論を急ぐ。女性の場合、③に該当する「他の異性と親密になる」という手段が今の時代、Tinderのせいで非常に取りやすくなっている。つまり、「ふ〜ん。私の言うことが聞けないんだ。いいもん、他の男にやってもらうから。右スワイプシュッ」マジでやめて。ストレスすっごいかかる。国がTinder規制して。

 


追記:バチェロレッテという番組では活動的で裕福な女性が選任されがちだが、とんでもない。多くの男性が求めるのは、右も左も分からない若くて綺麗な処女に決まってる。シーズン3からは18歳の箱入り娘(女子校育ち)を待望する。そっちのほうがオスの生々しい欲求が見えやすくなるだろうし、面白いだろ。