金玉の皮

5/19(木)

祝!彼女ができました。過去に5人と付き合ったことがあるので、6人目となる。それに最初の3人は中学生の時なのでまともに人と付き合ったことがあるのは2回だけ。その2人はちゃんと好きだったし10代後半理系男子が枕を濡らすくらいには情動を掻き乱されていた。ちゃんと付き合っていたから、これまでエッチな遊び相手といえば金玉の皮しかいなかった男はその時期に嫉妬とか劣等感がはちゃめちゃに辛くて苦しいことも知った。

自分で思っているより自分はメンヘラな気がする。過去2回の彼女は処女だったから、他の男と比べられる不安も少なかった。その子にとっての初めてになることがまるで、積もったばかりの雪の上を転がってるみたいでとても気持ち良かった。それに比較対象がいないから、頑張ろうが手を抜こうがその子にとっての1位なのは変わらない。その環境だから安心できたし、その環境でないと安心できない。元来自信がないので、(歳が近くて図体のデカイ兄がいたため腕力で誰かに勝つことが今でもイメージできないからかな)女の子に認知してもらうには「オス」以外の何かで自分をアピールしなければいけなかった。一般的な価値観で生きようとすると負けると思っていたから、なるべく文脈を超えてやろうと躍起になっていた。負ける戦いはしたくないが、気になった子はどの土俵、物差しで俺を見てくるだろうか。

自分のことだけを見ていて欲しい。比べられるから。負けるから。それが辛いから、俺は自分が車、家、年収等の社会ステータスに興味を持つことを許さない。

おそらく今の自分はこうしてできている。そしてもうこの性格は矯正できないとこまで来ている。俺は負けない。